神戸について

神戸について

1868年、それまで鎖国政策を布いていた日本は5つの港に限って海外へ向けて開港しました。神戸港はそれらの港のひとつであり、世界への窓口となることになりました。
それからというもの神戸へ世界中から『ひと』『もの』『情報』『文化』などが流れ込み、やがて神戸には海外から来た人が生活を営んだり商売をする地域が作られ、それに合わせて海外から来た人々の子弟を教育する学校が作られました。今も神戸には英語・ハングル・中国語・ドイツ語・ノルウェー語など合わせて9校の外国人学校(母語学校)があり、5歳から18歳までの子弟を教育しています。
コミュニカ学院の位置する『外国人居留地』は神戸港の開港と同時に設置され、外交官、貿易商、文化人、新聞記者などが住み着きました。彼らが神戸に欧米風のライフスタイルや文化、建築、産業などを持ち込み、神戸独特の文化を育てました。このような神戸の独特な歴史は、海と山に囲まれた優れた自然環境とともに、神戸を外国人にとって住みやすい町にしています。
また、神戸は兵庫県の県庁所在地であり人口150万人の大都市でもあります。ポートアイランドや六甲アイランドなど世界有数の人工島からなる未来都市を思わせる景観も持ち合わせています。瀬戸内海に沿って神戸と東西につながっている数多くの都市は造船・製鉄・重化学工業・電子工学など現代の日本の近代産業を象徴するハイテクノロジー地域でもあります。 このような自然と産業ばかりではなく、京都や奈良などの神社・仏閣に匹敵する歴史や伝統を持つお寺や、城址、民族芸能や工芸が今も深く根付いています。